スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

建築-7

 岩国徴古館
 ずっと訪れてみたかった岩国徴古館。 67年前、終戦の年の完成らしく「竹筋コンクリート」という噂があるのも頷ける。 軍需施設以外におそらくほとんど新築の建物など建っていなかったであろう時代に、建築が作れるという佐藤武夫の喜びが伝わってくる。
 これは裏側の外観。 かなり無骨な印象だが砂利とセメントで作られたプレキャストパネル(?)がいい味を出している。 しっかり時間を受け止めることができる素材。
岩国



 パネル詳細。 かなりラフなテクスチャーに几帳面すぎない目地がいい。
岩国



 エントランスホール見上げ。 ここも外壁と同じ素材が使われている。
岩国



 展示室内部の印象はがらりと変わってしっくいのアーチが清楚な印象を与えている。
岩国



 戦争で不足している鉄は使えないが、何とか曲線の階段にしたかったんだろうな。 思いの強さがよくわかる階段。
岩国



星野哲郎記念館
 同じ日に佐藤総合計画つまり佐藤武夫が作った事務所の最近作(2007年)を観た。 やはり隔世の感がある。 この建物は67年後どうなっているだろう。




 組織事務所の作品にしては、ずいぶん冒険的な作りだと雑誌掲載の時から機会があれば見てみようと思っていたが、岩国徴古館とセットで観るとより違いが際立って興味深かった。




 I.M.ペイの設計したワシントンD.C.にあるナショナルギャラリー東館もずいぶん尖ったところがあって、思わずなでさすったことがあるが、ここもかなり尖っている。
 ただし、さすがにコンクリート打放しでこの角度は無理があるようで、裾の部分の補修箇所が割れていた。




広屋団地(現代計画研究所)
 星野哲郎記念館と同じ周防大島で偶然見つけた木造団地。 以前建築雑誌で見ていたので運転中ちらっと見ただけで反応できた。




 調べてみると、16年経っているようでしっくりとまわりに馴染んでいた。 間の広めの路地のようなところで立ち話をしている人がいて、設計者がみたらうれしいだろうなと思いながら見学した。

 
<< 建築-6 | main |

スポンサーサイト

blog information

>> Latest Photos
>> Mobile
qrcode
>> Links

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>