スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

建築-7

 岩国徴古館
 ずっと訪れてみたかった岩国徴古館。 67年前、終戦の年の完成らしく「竹筋コンクリート」という噂があるのも頷ける。 軍需施設以外におそらくほとんど新築の建物など建っていなかったであろう時代に、建築が作れるという佐藤武夫の喜びが伝わってくる。
 これは裏側の外観。 かなり無骨な印象だが砂利とセメントで作られたプレキャストパネル(?)がいい味を出している。 しっかり時間を受け止めることができる素材。
岩国



 パネル詳細。 かなりラフなテクスチャーに几帳面すぎない目地がいい。
岩国



 エントランスホール見上げ。 ここも外壁と同じ素材が使われている。
岩国



 展示室内部の印象はがらりと変わってしっくいのアーチが清楚な印象を与えている。
岩国



 戦争で不足している鉄は使えないが、何とか曲線の階段にしたかったんだろうな。 思いの強さがよくわかる階段。
岩国



星野哲郎記念館
 同じ日に佐藤総合計画つまり佐藤武夫が作った事務所の最近作(2007年)を観た。 やはり隔世の感がある。 この建物は67年後どうなっているだろう。




 組織事務所の作品にしては、ずいぶん冒険的な作りだと雑誌掲載の時から機会があれば見てみようと思っていたが、岩国徴古館とセットで観るとより違いが際立って興味深かった。




 I.M.ペイの設計したワシントンD.C.にあるナショナルギャラリー東館もずいぶん尖ったところがあって、思わずなでさすったことがあるが、ここもかなり尖っている。
 ただし、さすがにコンクリート打放しでこの角度は無理があるようで、裾の部分の補修箇所が割れていた。




広屋団地(現代計画研究所)
 星野哲郎記念館と同じ周防大島で偶然見つけた木造団地。 以前建築雑誌で見ていたので運転中ちらっと見ただけで反応できた。




 調べてみると、16年経っているようでしっくりとまわりに馴染んでいた。 間の広めの路地のようなところで立ち話をしている人がいて、設計者がみたらうれしいだろうなと思いながら見学した。

 

建築-6

 バーゼル ユニオン銀行
 学生の頃マリオ・ボッタにあこがれた。 その後、いくらか好みからはずれてきたがきっちりとした作り方は好感が持てる。 これもボッタらしさにあふれている。
 通りに電柱はあるが、日本のようにトランスがないので割とすっきりしている。



 丸窓の詳細。 カルロ・スカルパゆずりの納まり。


バーゼル シグナルボックス
 
写真ではわかりづらいが、内部は鉄道の信号を管理する事務所(?)のようなスペース。
列車からの見え方が気になって、わざわざ用のないのに一駅分列車に乗った。 これまでまったく見たこともない建築で、わくわくした。


近寄ってみると、銅板の微妙な曲げで形作られる微妙な表情があった。



バーゼルの集合住宅
 
学生の頃、いつかリヴィオ・ヴァッキーニの建築を見たいと願っていた。 念願が叶ってバーゼルでいくつか出会うことができた。 これはそのうちのひとつ。
 思った通りひっそりとした佇まいで、強い自己主張などとは無縁のプロ好みの建築だった。


フレームレスのガラス引戸と外付けのブラインドがすっきり納まっている。


これは設計者は違うが近くで出会った「絶対に外壁を汚さない」という気合いの入った水切のディテール。


バーゼル リハビリテーションセンター

 こんな豊かな医療施設は見たことがない。 緑豊かな敷地にゆったりと2階建て、多くの中庭を内包しており色々な方向に視線が通る。


 木製サッシュがむやみに大きく開放感がある。 中庭の「雑草」のような植栽計画がいい。


駐輪場の鉄製の扉。 こういうささやかな遊び心にいたく感心する。 自転車をぶつけて多少曲がっても気にならないデザイン。



バーゼル バイエラー財団美術館
 チケット売場のガラス庇が潔い。 出来そうでできない解決方法だ。
 

手前にお金やカードをのせると中の人が丸い部分をくるりと回転させてそれらを受け取り、代わりにチケットをのせてまたくるり。 これなら寒い季節も外気がほとんど入らない。 つまりお金のための回転ドア。

建築-5

丸亀市 猪熊弦一郎現代美術館・図書館
 完成して間もない頃に一度訪れて以来、久しぶりに見学した。 外壁の天然スレート(バーリントンスレートという石そうだ)の鉄分が現れたのか、以前に比べていくらか赤い縞が見えている。
 改めて、抑制が効きつつ、メリハリがあって大胆だと感じた。
いのくま



同上 内部吹き抜け
 この時点で完成後14年経っているが、竣工時のすがすがしさをそのまま保っていることに心を打たれる。 いつまでもこの状態を維持してほしい。 単なる階段がなぜこんなに美しいのだろう。 思わずため息が出る。
いのくま


兵庫県立美術館
 立地が大雑把な埋立地のせいか、建物もそれに呼応するように大味な印象だった。 街区が大きいためアプローチも建物が見えてから延々歩かなければならず、ハード。
兵庫県立美術館



ランニング・グリーン・プロジェクト
 山口県の日本海側を車で走っていてこれを偶然見つけたときはうれしかった。
思わずブレーキを踏み(追突されなくてよかった)わくわくしながら見学した。
日本のレンゾ・ピアノか、と思った。 三分一さんにはいつも期待している。
Running Green Project



同上 柱脚
 
ディテールも美しい。 耐久性は大丈夫かなと少し心配になるが、今まで数年おきに3回ほど見学したが、まだ問題はなさそう。
Running Green Project



同上 男子トイレ
 トイレも美しい。 とても気持ちのいい空間になっている。
Running Green Project

建築-4

北野アレイ
 何年ぶりかで訪れてみると、打放し部分は塗装されていた。 残念。
しかし、スケール感の親しみやすさは以前のまま。 なつかしい。
北野アレイ  



ローズガーデン
 これも思い出深い建築。 ふたつのヴォリュームを平面的にも断面的にもずらしながら隙間をあけることで、敷地形状と高低差にうまくなじませ豊かな半屋外空間を作り出している。
ローズガーデン



北野アイビーコート
 学生時代に永島くんと見学に来たことを思い出す。 蔦も育ち、外壁の煉瓦タイルも味わいが出ている。
北野アイビーコート



リンズ・ギャラリー
 複雑な動線は建築好きにはこたえられない魅力があるが、一般の客にはあまりうけよくないのか、わりとひっそりとした印象。

リンズギャラリー



ウォールアベニュー
 このむずかしい敷地をものともせず、果敢に挑戦する姿勢はすごい。
ウォールアベニュー


気持ちはわかるけど
 私たちのような何も買わずにウロウロ、キョロキョロしているだけの見学者は迷惑なんでしょうが、ここまでする例もめずらしい。
ウォールアベニュー

建築-3

 グラントワ 2010.9.12見学
  大変な力作だった。 内藤さんの建築はこれまで、東京のTOM、いわさきちひろ美術館、虎屋を見たが、間違いなくこれがもっとも良くできている。
 屋根・外壁の瓦と中庭の水盤。
グラントワ1



多摩美図書館 2009.10.31見学
 多摩美は九州から行くには、かなり不便な場所だった。
この図書館は建築として大変過激な意味をもっているにもかかわらず、むしろ静かな佇まいだった。
多摩美-1


公園-2
 これも日本ではお目にかかれない公園。
おそらく防犯のためもあるだろうが、視線がすっと通り死角がない。

 きっちりと敷き詰められた石畳と樹木の対比がすばらしく「これらの樹はずっと残すんだ」という意志が感じられる。
 あれもこれもと付け足して盛りだくさんになったあげく、この公園での禁止事項を連ねた看板でこれでもかと人を規定したがる日本の公園と違い「引き算の公園」といった趣がある。

公園-2


公園-1
 こういう公園がなぜこの国にはないのか。
いわゆる子供向けの遊具がない。
芝と樹木だけ。
芝の管理がきちんと行われている。
樹木が大きい。
ちまちまとした街路樹や歩道脇のひねた植込みをむやみに増やすより、こういうシンプルな公園を作っていった方が管理費もかからず、はるかに気持ちが良い。
 予算消化のために縁石を御影石にするよりは、縁石そのものをなくすことを考えるべきだろう。
公園-1
ベルリン ドイツ歴史博物館
 I.M.ペイの建築は非常に完成度が高い。 そして同時に安易な方向に流れることなくいつも果敢に挑戦する姿勢に頭が下がる。
 ルーブルの螺旋階段も大変美しく緊張感にあふれた造形だが、こちらの階段も軽やかで気品に満ちた階段として永く建築史に残っていくだろう。 無垢の石と無垢の鉄、ガラスが醸し出す「本物感」とそれらを極限まで使い切っているすがすがしさがあった。
 ところで、同じペイが設計したワシントンD.C.に建つナショナルギャラリー東館は鋭角に尖る外壁で有名である。 出隅部分をなでさすり、その尖り具合に感動した日から22年の時間が流れた。 なんということだ。
ドイツ歴史博物館


みどりの天蓋
 これまで見た中でもっとも美しく豊かな駐車場。
ベルリンの「マーティン・グロピウス・バウ」
 こころなしか、車たちも居心地がよさそう。
ベルリン-駐車場

建築-1

ラムネ温泉 2006.5.27見学
露天(?)の浴槽は、ビニールハウスで覆われていて、なかなか楽しかった。 植栽は浴槽の縁近くまで「麦畑」が広がっていて、これも非常に斬新。
ラムネ温泉2


浴槽、壁、天井は特殊な「しっくい」とのこと。 その素材選択は、すごいが「清潔感」という観点は、あっさりパスされている。
ラムネ温泉3


藤森教授のラムネ温泉。
あらゆるところから「人工的直線」を排除することに、心血を注いでいる。
ラムネ温泉1


二子玉川高島屋 2006.5.3見学
既存に継ぎ足して建設されているが、よくよく見ないと気付かないくらい、うまくつないでいた。
高島屋2


じつは、さほど期待していなかったが、大変美しい建築だった。 これ以来、大江匡さんの作品には注目している。
高島屋1

建築-2

バーゼル シャウラガー美術館
 期待に胸をふくらませて訪れると前面に大型トラックが止まっていた。 なんだか様子が変だなと近づくと展示換えのため閉館中。 それでも横のゲートから入り込みぐるりと一周した。
 外壁はこの敷地にあった砂利で仕上げられているそうで、まさに地面から掘り上げられたような印象だった。
 念のため次の日も行ってみたがやはり休館だった。
シャウラガー


バーゼル シュッツェンマット通りのアパートメント
 バーゼルはヘルツォーク&ド・ムロンの街だ。 このシュッツェンマット通りのアパートメントもしっくりと街の中に溶け込んでいた。
 この鋳鉄の折戸、大変重そうに見えるがその予想を裏切らない重さで、1 階の店舗はおそらくずっと閉めていないように見受けられた。
 日本のアルミのぺらぺらの雨戸やせいぜい板張り程度のものと、彼らのずっしり重く頑丈な折戸、このテイスト違い、歴史の違い、文化の違いはあらゆるところで垣間見えた。
シュッツェンマット


アムステルダム オクラホマ 2007.5.11見学
 何故これほどまでに重力に逆らってむやみに跳ね出しているのか、空地率などそれなりの理由があるそうだが、この暴力的な約12m(!)のキャンティレバーをとにかく見たくて悪天候の中訪れた。
 老人用のアパートメントであることにも驚くが、こんな空中に浮かんだ状態でも生活できる人がいるということに感心した。
 地震というものが絶対にない(ことになっている)とはいえ、私が住人だったらはね出しの「根元三分の一」以内しか使えないだろう。
 はね出しを除けば、けっこう愛すべき集合住宅だった。
オクラホマ


ベルリン ユダヤ博物館 2007.5.7見学
 「禍々しい(まがまがしい)」という言葉はこの建築のためにこそ在るのではないかという気にさせられる佇まい。
 歴史の井戸の底に降りていくように、地下へ導かれて展示が始まるのだが、床も壁も傾き尋常ならざる空間が続く。
 ダニエル・リベスキンドという人は建築理論家という印象が強く、このベルリンの博物館ももっと破綻しているのではないかと思っていたが、意外に手堅い部分も多く、良くできた建築だった。
ユダヤ博物館


亀の井別荘 2006.3.10見学

 設計も勿論いいが、やはり経営者のこころざしが高い。
亀の井4

 見学のためにお金をかき集めて宿泊した。
早朝の露天風呂。
亀の井1

聖ヨゼフ寮 2006.3.9見学
ありがたいことに、施設長さん自らご案内していただいた。 内部も大変良かったが、プライベイトな部分なので、掲載できないのが残念。
ヨハネ寮1


10年ほど前、小平市のサレジオ学園を見学してからずっと、藤木隆男さんの作風に惹かれている。
これは、中津にある児童養護施設。
 ヨハネ寮2

blog information

>> Latest Photos
>> Mobile
qrcode
>> Links

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>